main

2011.11.30 (Wed) / スポンサーサイト...more

一定期間更新がないため広告を表示しています

*

スポンサーサイト | posted by スポンサードリンク | -


2007.01.24 (Wed) / 【近況報告】産まれ出づる悩みと産道で立ち往生する言葉...more

生きてます。元気です。

*

現在、某雑誌から、「ライター(社員)」として働かないかというオファーを受けています。思えば自分にとって、文章を書いて生活をしていくというのは長きに渡る夢でした。潜水艦に乗ることを諦めて以来のことですから、もう20年以上!になるのです。
ちなみに、その夢に対して背を向けて歩いていたわけではなく、自分で書いた文章が本屋で売られる雑誌に載り、その結果としてお金をいただいたことは数回あったりするのですが、その総額は1万5千円です。そこそこ名のある出版社から自分の銀行口座に振り込まれた報酬が数千円であることを記帳して確認するというのは、悲しいとか寂しいというよりも、ファニーで、微笑みを誘う、人生におけるちょっとしたスパイスのような出来事でしかありませんでした。
そんな自分にとって、今回のオファーは非常に魅力的であることは確かです。けれど、贅沢なようですが、考えなければいけないファクターがいくつかあるのです。

・ 【記名原稿は書けない】 もし、独立して、「本物の物書き」になりたいのであれば、「この文章は自分が書きました!」という焼き印を押しておくのは、とても大事なことのように思われるのです。いつ、どこで、誰の目に触れるのか分からないのですから。ちなみに、これまでに採用された文章が「総額1万5千円」といえど、全て記名原稿であったことは、自分の虚栄心を満たす以上に、これからなにか始まるのではないか、と感じさせるに充分なものだったことを告白しておきます。結局、そこからなにも始まりはしなかったわけですが。

・ 【テーマは編集部から与えられるので、自分の好きなことを書いているわけにはいかない】 そしてもちろん、社員として誌面を埋める責任がのしかかるわけですから、文体、テンション、単語のチョイス、等をその都度変化させてオーダーに応えなければいけません。早い話、全く興味がないようなテーマについても、雑誌の読者がお金を払って読むに値する文章を書く必要があるわけです。この点について自分は正直に「自信がありません」と雇い主になるかもしれない社長さんに伝えたのですが、自分の持っていったエッセイを読んだ社長さん及び編集長さんは「君なら出来るよ」と背中を押してくれます。少し自慢めいていますが、、そうです、自慢です。文章を褒められる事以上に嬉しい事はないのです、本当は。ただ、ほんとうに自分なら出来るのか、そしてそれは自分に良い影響をもたらすのか、いくら考えても「やってみなければ分からない」という言葉しか浮かばないのです。

・ 【雇用条件】 好きな仕事ができることを考えれば贅沢な話ですが、今回オファ−を受けている社員ライターの給料はとても安いです。月に額面30万円。ボーナス無し。諸手当無し。残業代はもちろん付きません。そして、入稿前には家に帰れない日が続くことも多々あるとのことです。お金の事は、まあいいんです(本当は良かあないけれど)。自分のココロとカラダが、そのような環境に耐えられるか、思案すべきはそこでしょう。しかしこれもまた、いくら考えても「やってみなければ分からない」のですけれど - 6:4、いや7:3、いや8:2くらいで心配の方が大きいというのが偽らざる心情です。

・ 【編集長が多分ゲイ】 いや、これは冗談。

*

自分の事を知る愛すべき人達、尊敬する人生の先輩方、アドバイスをいただけるととても有り難いです。もうなりふり構わず、すがるようにブログにアップします。

*

そんな中で、今、一遍というか、一塊の詩を纏めています。すごく良いものが産まれて来そうな手応えがあるのです。絵と音がそこにあって、言葉が喉につかえている、そんな感じなのです。言葉が取り出せないまま一晩が過ぎると、産まれてくるはずだった命をプチプチとビニールの梱包材のように潰してしまっているような思いにとらわれて、太陽の光が窓に射し込むと、涙が我知らず流れるのです。

*

生きてます。あなたを愛しています。まだ自分が愛とはなにかを知らないのだとしても。

*

【近況報告】産まれ出づる悩みと産道で立ち往生する言葉 | posted by Kazoo | 特定多数の好意に甘える


2011.11.30 (Wed) / スポンサーサイト...more

*

スポンサーサイト | posted by スポンサードリンク | -


comments

おかん : 2007/01/30 12:13 PM
最古さんにご紹介いただきました。
ブログその他でライターであることは公開してないので、
偽名(?)であることをお許し下さい。

一言で言うなら「ぐだぐだ言わずにやんなさい」です。
チャンスがほしい人は星の数ほど居ます。
しかしチャンスをもらえる人はごくわずかです。
そのチャンスに後ろ髪はない。
プロになるきっかけがほしいなら
「できるだろうか?できないだろうか」ではなく、
「やるんだ」という気持ちで何でもやる事です。

編集部員は基本的に記名記事でないという場合は
けっこうあるようです。
しかしそこで経験をつむことは
何よりの財産です。
自分の名前を紙面で見つける嬉しさはわかりますが、
プロになったらそんなことでいちいち感動しません。
だってそれは普通のことだから。
そんな普通のことのために、貴重な経験を捨てるのは
もったいないなと思いませんか?

クライアントの要望にいかなる状況でも応えるのがプロ。
お金をもらって生活していくとはそういうことです。
好きなものしか書きたくないなら
アマチュアで居るのが一番です。
ライターは自分の書きたいものを書くのではなく、
書いてほしいといわれたものを
いかに汲み取って自分にしかかけない文章で書くかが
求められる仕事です。
「自分を表現する仕事」というのとは
ちょっと違う気がします。
エッセイストや作家ではないのです。
好きなことだけ書いてプロになりたいなら、
自分でネタを決め、取材し、原稿をまとめ、
それをネタごとに買ってくれそうなところへ売り込む、
そういうタイプのライターを目指したらどうでしょうか?

雇用条件の月額30万円の条件が
低いというのは、私には解せません。
10万円だったら「そりゃ厳しいね」と思いますけど。
そこで仕事を教えてもらい、場を与えてもらい、
今のあなたは、ライター修行をさせてもらうという
レベルなのではないのですか?
そうだとしたら、海のものとも山のものともわからない、
そういうあなたに30万円払って、
勉強もさせてあげるというのは、
そんなに悪い話じゃないと思うのですが、いかがでしょうか?
編集の仕事に携わっていたら、
入稿前は徹夜は当然、
取材のために早朝から深夜まで走り回る。
誰もがやっている事です。
当然土日も関係ありません。
それでも良いものが作りたい、書きたいから、
みんながんばってやっているのです。
大手出版社の正社員ならともかく、
実際に出版業務に携わっているほとんどの
小さな編集プロダクションの人たち、
フリーランスの人たちは自分で保険に入り、
「くそ〜、何でこんなに働いてるんだ!」とぼやきながら、
でもやっぱり自分の担当ページを良いものにすべく、
ぎりぎりまでがんばっています。
それは普通だと思います。
出版でなくても、たとえば営業マンでも接客業でも
みんな同じではないでしょうか。

そんな激務はできない、というのなら、
じゃあどうやりくりするかを、
実際に働きながら探っていくしかないでしょう。
締め切りを守ることは何よりも大切です。
「あの人、うまい下手の差ががあるんだよ」では
プロのライターではない。
どんな体調でもどんなネタでも
最低でも80点以上、たいていは100点というのが
ごく普通のライターだと思います。

考えても考えた通りには行きませんから、
まずはやってみてください。
でもお金をもらう事は厳しい事です。
自分の文章を容赦なく直され、
傷つくこともあると思います。
しかしライターは相手の意図を汲み取り、
代わりに表現してあげるのが仕事です。
どう汲み取り、どう表現するかが、
あなたの腕の見せ所です。
「やれるよ!」と言ってくれる人がいたら、
それはそういう時期なのですから、
「できるだろうか」ではなく
「やるんだ!」と思ってまず自分をゆだねてみては?
ダメならやめればいいんですから。
それはまた後のことです。
やる前は誰でも不安。
自分ではなく、「できる」と言ってくれた人を信じて、
まずやってみたほうが、
後の後悔は少ないと思いますよ。

trackback

この記事のトラックバックURL

http://peacesea.jugem.jp/trackback/390


<<next prev>>


CONTENTS

selected entry
recent comment
recent trackback
archives
category
other
recommend